2006年10月21日

物静かに・・・親父越え。

隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた
誰かに盗(ト)られる くらいなら あなたを殺していいですか

寝乱れて 隠れ宿 九十九(ツヅラ)折り 浄蓮(ジョウレン)の滝
舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに あなた・・・山が燃える

何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり
あなたと越えたい 天城越え・・・
C1041523.jpg

   ああせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) 小島です。

男ってのは人生の中でいや応なしに「親父越え」を意識するものなのだろうか。

小島父54才 4人子持ちで痔持ちの一家の大黒柱。
体は昔から小柄なようで、ぼくは中学校時代に背を抜かした。
腕相撲では勝てるパンチ・・・

んですが,そんな力が衰えてきている親父に
腕相撲なんかで勝ったところで
本当に親父越えを果たしたと言えるのでしょうか?
答えは否バッド(下向き矢印)

昔からそうだ
反抗したこと・・・ないな
殴ったこと・・・ないな
腹を割って話したこと・・・ないな
「親父の大きさの前のちっぽけな私」
なんだかデカ過ぎてコミュニケーションを怠っていた気がするたらーっ(汗)

家から出て愛知に早6年。
実家に帰るたび 父と会うと「おう手(パー)」くらいexclamation&question
6年間の会話は原稿用紙一枚にまとまるかも 爆。

超えられないものだから憧れるのかもしれない
父のタバコはフィリップモリス喫煙
父はカートン買い・・・負け 笑。

このままじゃ だめなんだよ 多分。
超えなくてもいいのかもしれないが
「父の息子さん」から「小島圭」になりたいものだ。

今日は長野に帰っていて父親と話す。
いろいろ話してみようか 元気なんだから。
痔で死ぬなよかわいい

みなさんの「親父越え」とはexclamation&question







910311_64.gif
こんな親父だったらどんなに楽だったか・・・
posted by kei at 18:10| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにはなくとも酒飲み合戦で親父に勝つことかなw
まじめな書き込みとしたら・・・親父を超えることはできない!親父は親父、オレはオレ。だもんで☆

はい、逃げですw
Posted by taka at 2006年10月21日 21:39
>takaさん
ですわなぁ 
メイドイン父ちゃんだけど
プロデュースバイ自分になりたいものだ
稲刈りで親父越えしろよ☆
Posted by kei at 2006年10月21日 21:46
稲刈りは弟に任せた!
もう長野に定住するから稲刈りすることないでなぁw
てか親父の稲刈りスピードは超えることができん。神の領域だもんで
Posted by taka at 2006年10月21日 22:26
>taka
そういや言ってたね。
神の手の稲刈り見てみたいわぁ!
お互いこれからはいい親父を目指しましょう☆
Posted by kei at 2006年10月21日 23:13
男の子にとって、父親とは、特別の存在なのかもしれませんね。
先日の母の葬儀の時、兄が、
「私の父は、父親としても夫としても120%でした」と話していました。
兄は、いまだに、父親が一番尊敬する人
のようです^^
確かに素晴らしい父でした☆
私は、ただ、ただ、大好きなお父ちゃん
でしかありませんでしたけどね・・・笑

小島さんも、子供に尊敬されるお父さんに
なって下さいね☆
(まだ、結婚されてませんでしたね・・・笑)
Posted by あみあみの母 at 2006年10月22日 17:08
>あみあみの母さん
父強しですな・・・
夫としては反面教師の部分があるんですが・・・
全部含めて父。
30過ぎくらいではどんな感情が芽生えるか楽しみです☆
コメント遅くなってごめんなさい!!
Posted by Kei at 2006年10月26日 23:00
Keiさんはじめまして。

あみあみの母さんのブログの
「アトリエ ミオン♪」の記事のコメントで
拝見してから寄らせていただいてました。
(亜沙美ちゃんとうちのむすめには
似ているところも多く
あみあみ母さんにはたくさん
アドバイスをいただいてきました…)

むすめはKeiさんの新天地のクラブ活動で
お世話になっています。
そしてもしかして…と思っていたのですが
この記事を読んでKeiさんのお父さんにも
お世話になっているのだということを確信しました。
(夏のキャンプにも参加させていただきました♪)
そりゃ偉大な父ですわ…。

少し楽しみもあった方がよいと思うので
身元ははっきり明かさないことにしておこっと。
そのうちご縁があればわかるでしょう…。

新年度より(ですよね?)
むすめがお世話になります。
よろしくお願いします。
Posted by ciari at 2006年12月29日 10:05
>ciariさん
 はじめまして☆コメントありがとうございます!
 実は新天地は父の紹介で高校時代より毎年必ず関わらせていただいていまして、娘さんにもひょっとしたら会っているかも??
 この世界(あまり好きな言い回しではありませんが。。。)に進むきっかけになった場所でもありますし、スタッフさん達は皆パワフルなので負けないように自分を活かしていきたいです。
 父がお世話になっていたようで、なんだか面白いところでつながりましたね! また長野でお互い正体が知れたらお話してください☆笑
 またこちらのブログにもおいでください!(くだらない事しか書きませんが・・・)小島圭はこんな感じです。。。○也氏とは一線をかきますが呆気に取られないようにしてください 爆!
 ※外での父は家とは別人のようでキモいと母と陰で笑っています。

  
Posted by kei at 2006年12月29日 16:58
あっ!!
小島実は1月の半ばから勤めます 汗。
「小島圭」として生きますので
ビシバシ!お願いします!!

Posted by kei at 2006年12月29日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25889848

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。