2007年03月06日

物静かに・・・肉漏れ水着。

大丈夫!生きてるぞ〜手(パー)
去年の今頃、壊れた記事
http://kei8224.seesaa.net/archives/200602-1.html

を最後に姿を消した小島です。

2月は面白い事起きないようになってるんだろうか?
でも仕事は楽しいし、吹奏楽団にも入ってるんるん充実の毎日です。

今日は始めて日記的にblogを更新してみようかとぴかぴか(新しい)
うれしい事があったので。

今日は仕事で午後から長野市のプール
「サンマリーン長野」
poolimg_nami.jpg
長野県民の眩しい日差し打ち寄せる波
への憧れを見事に表現した無駄のないネーミングに脱帽あせあせ(飛び散る汗)

知的に障害のあるMさんと二人での活動なのだが
昼下がりの公営プールは皆のもので
回るプールを逆流したがるいい大人がたくさんいる訳でたらーっ(汗)

自分の主張は体全体で表現してくれたり、
喜び悲しみをすばらしい声量でアピールしてくれる
Mさんへ周りから注がれる視線は気になっていた。

特に毎日のように通っている
「プールの主」的なおじさん3人衆がジャグジーにいて
いぶかし気な表情と、どこにでもいそうなおっさんのストレートな言葉で
「しつけてから来いよなぁ」
との発言を違う方とプールに行った時に耳にして以来
むかついていた。

でも怒っててもしょうがない
「障害のある変な奴が、怒って無愛想な奴に連れられてるわ」
と相手に思われては負け。

一ヶ月間プールに行って
ジャグジーおやじに会う度
「こんちわーーーー」とこっちから声をかけてみた
「なんかおもしろい奴が、どっかの兄ちゃんに連れられてるわ」
にしてやりたい。

そしたら今日
Mさんとプールに入った途端
ジャグジーおやじが
「おう兄ちゃん!ご苦労様だな!」
と声をかけてくれたひらめき


うれしかったな

Mさんに向けられた言葉じゃなかったかもしれないけど
Mさんを明るく繋げられたかな?
こんな小さな事がうれしい事がうれしい
人の輪を広げる事を「おっくう」にも思えていた
去年が情けない。

その後泳いでいたら
「この子小さい頃このプールよく来てたよ。今は何してるの?」
とおばちゃんが絡んできて
今のMさんの生活の事うれしそうに聞いてくれた。

と何だかうれしいスイミングタイムだったので
更新してみた。
そしてタイミングよく届いた
070222_140801.jpg


「条例のある街」野沢和弘著

もう、読みましたか?
小島は泣くかな?
ぶどう社HP:http://www.budousha.co.jp/booklist/book/jourei.htm
 
以上。
posted by kei at 00:06| 長野 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。